FC2ブログ
ホットな話題
各分野のホットな話題を提供
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


【F1】フォーミュラ・ニッポン第5戦・鈴鹿・予選、松田が今季3度目のポール
サントラ(ドラマ)【OST】百万本のバラ→激安!現品限り!!SALE!!!サントラ(ドラマ)【OS...
 シーズン折り返しとなる第5戦を迎えたフォーミュラ・ニッポン。鈴鹿サーキットで7日、公式予選が行なわれた。地元・三重県出身で「世界に一番近い男」松田次生が、第2戦に続き鈴鹿での2連続ポール、今季3度目のポールを獲得した。

 フォーミュラ・ニッポンはこの第5戦よりレギュレーションが変更、ワンメイクであるシャーシの空力部分に改善がなされている。具体的には、リアウイングのサードエレメントの使用禁止、サイドスカートの追加、バージボードの下方延長の3点。これはリアウイングの乱気流を改善して、スリップストリームを効きやすくすることが目的であり、これにより減ってしまうダウンフォースを他の改善部分で補っている。オーバーテイクのチャンスが増え、よりエキサイティングなレースが期待できるということだ。

 1回目の公式予選が開始される午前10時10分、予報では雨は上がっているはずだったが、小雨が残る中スタート。まずは全マシン、レインタイヤでコースインした。雨は微量であり、この後上がっていく気配も見られたため、多くのマシンが連続走行を行ない、走行ラインの水を取り除こうとする。そして本山哲が2’08.677でまずターゲットタイムを出すと、各マシン徐々にタイムを削りながら序盤はトップが目まぐるしく入れ代わる展開となる。タイヤを滑らせてコースアウトを喫するマシンも数台見受けられたが、大きな混乱はなくセッションは進行していった。

 セッション中盤になるとトップタイムは2分5秒を切る辺りまで削られ、松田次生と本山哲がトップ争いを繰り広げる...

ニュースの続きを読む

(引用 yahooニュース)




◆ドラマ関連ブログ記事
関連のブログ最新記事はありません

◆ドラマ関連の無料のレポート情報
なるほど!英語表現80連発~映画・海外ドラマの英会話~/全130ページ

2004年12月~2006年7月の間に、メールマガジン
「趣味から始める英会話~週2回のハリウッド留学」
に登場した”なるほど!英語表現”を完全網羅。
130ページの無料レポートに仕立て上げました♪

[内容の一部]


「あいうえお」からの韓国語

お隣の国、韓国。
韓国ドラマ、韓国旅行、韓国料理。 韓国の文化を多くの方が楽しんでいらっしゃいます。 実は、韓国語のハングルといわれる文字は簡単にマスターすることが 出来るのです。 一定の規則に従った、文字であり、ローマ字に近く、大変覚…






管理者にだけ表示を許可する





TRACK BACK
TB*URL





Copyright © ホットな話題. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。