FC2ブログ
ホットな話題
各分野のホットな話題を提供
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


「紫菜の舞」 上方舞・夏の会で上演
若大将キャンパス(初回限定生産)(DVD) ◆20%OFF!
 上方舞山村流の代表格、山村若佐紀さんが、生駒市在住の古代音楽研究科で琴奏者の安部遼(はるか)さんとともに創作した地唄「紫菜(のりし)の舞」が、8月5日に東大阪市永和の東大阪市民会館で催される「山村若佐紀上方舞・夏の会」で、初めて一般向けに公演される。厳寒、荒波の過酷な環境のもと、特産の「十六島(うつぷるい)のり」を摘む島根・出雲の女性たちの心情を映した作品。若佐紀さんは「力強くもけなげな女性たちの思いを味わってもらえたら」と話している。

 十六島のりは島根半島・十六島地方の特産品で、奈良時代から朝廷への献上品に用いられるなど古来珍重され、日本のノリのルーツともいわれる。収穫は11~3月ごろの厳寒期、男たちが漁に出ている間に「シマゴ」と呼ばれる地元の女性たちが手作業で行う。

 打ち寄せる荒波や寒風にさらされ、死の恐怖と向き合いながらの作業で、そのひたむきさや強さに打たれた若佐紀さんが、安部さんに十六島のりとシマゴをモチーフにした曲の作詞・作曲を依頼。安部さんは何度も現地に足を運んで平成17年末に「紫菜の舞」を完成させ、若佐紀さんがシマゴの気丈さとしなやかさを思いながら振り付けた。

 これまで、講座などで機会はあったが、一般向けに披露するのは「夏の会」が初めて。当日は、安部さんの琴と歌に合わせて若佐紀さんが舞う。若佐紀さんは「女性が命がけでノリをとる心情に心打たれた」。安部さんは「たくましく生きるシマゴたちの心うちや、自然と闘う姿を感じてもらえたら」と話している...

ニュースの続きを読む

(引用 yahooニュース)




◆芸能関連ブログ記事
関連のブログ最新記事はありません

◆芸能関連の無料のレポート情報
そしてあなたも飛べる豚になる ~私が20Kg軽くなった理由~

1年前の今頃
身長162cmなのに97Kgという
自分でもあきれてしまう体格だったのです。

健康診断では保険の対象となる
要治療のお墨付きをもらった肥満だったのです。

朝着替えようとすると
Yワイシャツのボタンが弾け飛び…

なるほど!英語表現80連発~映画・海外ドラマの英会話~/全130ページ

2004年12月~2006年7月の間に、メールマガジン
「趣味から始める英会話~週2回のハリウッド留学」
に登場した”なるほど!英語表現”を完全網羅。
130ページの無料レポートに仕立て上げました♪

[内容の一部]







管理者にだけ表示を許可する





TRACK BACK
TB*URL





Copyright © ホットな話題. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。